泡盛飲み放題の「沖縄スナック」でプチ旅気分

|スナック シーサー

沖縄最北端の美しい村、国頭村のグルーヴ感を宮崎で

総面積の80パーセント以上を森林が占めるという、沖縄本島最北部の国頭村(くにがみそん)。ニシタチにある沖縄スナック「シーサー」の大城みゆきママは、そんな沖縄の原風景が色濃く残る、豊かな土地で生まれ育ったウチナーンチュだ。表の看板にはかわいらしいシーサーたちとともに、「生き絶えるまで(呑もう)」の文字が踊っている。沖縄のアツいバイブスを感じずにはいられないのだが、本人に聞いてみると「私、あまり沖縄のこと知らないんですよね〜!」とあっさり。そんなみゆきママが一体どんな経緯で、ここ宮崎の地で「沖縄スナック」を経営するに至ったのだろうか? 戸棚に並ぶ数多の泡盛に興味を引かれつつ、まずはママのプロフィールから話を伺った。

飲むならとことん、生き絶えるまで!

みゆきママは生まれながらのお酒好き。この世界に入ったきっかけを伺うと、ママの朗らかな人柄が伝わるエピソードを教えてくれた。

「昔からお酒を飲むのが大好きで、友達から『お酒がタダで飲めて、給料もいい仕事があるよ!』って誘われたのがきっかけで夜の仕事を始めたんです(笑)。若い頃はスタッフを連れてはしごはしご!って感じで毎晩のように飲んでいました。とにかく楽しくて、呑みはじめたら止まらないから朝6時まで飲んだりしていましたね。ちなみに表に出している看板に『生き絶えるまで飲むぞ!』って書いてあるんですけど、あれは娘が書いたもの(笑)。今は早めに閉めていますが、以前はAM1:30に一度閉めて、また夜オープンして朝まで、と2部構成で営業していたので、まさしく『生き絶えるまで』、有限実行ですよね(笑)。今はお昼と、夜も早めに閉めているのですが、心意気は変わらずそのくらいの気持ちでやっています」

そんな天真爛漫なみゆきママが初めて沖縄を出たのは、28歳のとき。沖縄で知り合った宮崎出身の友人との縁で、宮崎への移住を決めたのだそうだ。

「宮崎に来て昼の仕事も色々やって。それから5、6年こちらにいて、子どもの進学でまた沖縄に戻って…と。その頃は子育てのために、沖縄と宮崎を行ったり来たりしていました。子育ても終わってひと段落して、宮崎での新たなチャレンジとして、お店をオープンしてみようかなと思い立ってスタートしたんです。2015年4月に開業したので、オープンして5年目になるのかな。当時、この辺りには沖縄をコンセンプトにしたスナックなんてなかったから、やってみたら面白いかなぁと思ったんですよね」

泡盛飲み放題で、ママのおすすめも楽しめる

飲み放題の泡盛は、沖縄スナックならでは変わり種も取り揃えつつ、ママのおすすめは淡い水色のボトルが綺麗な久米仙の「び」。3年間の貯蔵熟成を経て、味・香り共に旨みのあるマイルドで飲み易い泡盛古酒だ。その泡盛がとくとく、といい音を立てて注がれるのは琉球ガラスでできた繊細なグラス。一口飲んでみると、ふわっと甘やかなお米の香りが心地よく鼻を抜けていく。

「ふつうの泡盛はすこしクセがあるし、酒飲みの人に好まれるお酒とかもあるんだけど、『び』はクセがないので飲みやすく、度数も25度くらいなのでおすすめですよ。ウイスキーや焼酎なども置いてますが、泡盛の飲み比べをしたい!という方も多いですね。張り切って飲んでくれるんだけど、度数強いから次の日大変なことになるから気をつけてねって言いながら(笑)。並んでいる泡盛は全部飲み放題で、宮古島や石垣島など色々な土地の泡盛が楽しめますよ」

沖縄ならではの「さんぴん茶割」も悪酔いしないとの噂。泡盛は14種類ほど取り揃えていて、泡盛コーヒーなどの変り種も。泡盛だけでこれだけのラインナップがあるのは嬉しい。「沖縄スナック」と銘打っているだけあって時々沖縄からの団体客が訪れるが、スタッフも常連客も「これがウチナーンチュのノリか!」と一緒に楽しんでいるそうだ。

「宮崎と沖縄でも全然ノリが違うので、飾らないままで、沖縄のわいわいした感じを宮崎でも再現したいなと思っています。お客さんたちが本当にいい方で、たまに「ここは家か!とつっこまれたりしながら(笑)支えられながら楽しくやらせていただいています。1人で来る人も多いから、お客さん同士もすぐ仲良くなっちゃう。ウチナーンチュならではの、ゆるく楽しい空気を楽しんでもらいたいなと思いますね。私もお客さんが心から楽しんで帰ってくれるのが、やっぱり一番嬉しいから」

客が“また”来てくれることが嬉しい、と微笑むみゆきママ。彼女に会いたくて店を訪れる人も多いだろう話していると、「それはどうかなぁ」と謙遜していた。みゆきママやスタッフが自由に楽しんでいるからこそ、客も安心して、心から楽しめるのかもしれない。ニシタチの小さな沖縄で、のんびり旅気分を味わってみてはいかがだろう?

取材・執筆=倉本亜里沙、撮影=田村昌士

5f2d5e3c37089b7718aed2441f20be1a

Data

大城みゆき

沖縄県国頭村出身
趣味はネットショッピングサイトで商品を売ったり買ったりすること。何を出品しているかは秘密。

住所
宮崎県宮崎市橘通西3-8
三輪ビル5階
電話
090-6770-2324
営業時間
20:30~生き絶えるまで
定休日
日曜日(不定休あり)
喫煙
ok
席数
カウンター=6席、ボックス=20名程度
料金体系
ボトルキープは3,000円、飲み放題は3,500円〜(ハイボールはプラス1,000円で飲み放題)
軽食
なし
決済方法
カード決済可 PayPay支払い可
Webサイト・SNS
Instagram

Photo Gallery